地域看護学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数693
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域社会と地域看護(地域保健)の考え方を論ぜよ。
    地域社会(ちいきしゃかい)とは、地縁関係に基づく集団が形成する、仕組みや関係性の総体のことである。
    類似の概念に地域共同体があるが、地域共同体は、人間の集団という側面に着目した概念である。 定住生活をしていない狩猟採集民族や遊牧民族に比べ、定住生活をしている農耕民族に顕著に形成される。 日本の場合、今日に続く形での地域社会は江戸時代に村や町のあり方が安定したことで形成されていた。
    地域社会の中心(空間的な意味ではなく、心情的な意味における中心)には神社が存在する。一つの地域社会の構成員は一つの神社の氏子としての帰属意識を持ち、先祖代々の付き合いをするものとされた。
    地域社会の構成員はみな同じような生産活動に従事し、それによって価値観や経験を共有している。そして、しばしば個人の幸福より、共同の幸福・集団の幸福を優先させる力が働く。 この特性には、出る杭は打たれる、という悪い面ばかりではなく、山林・海・川などの共有資源の過剰利用を抑制するといった長所もある。
    その反面、部外者に対しては極めて閉鎖的で、結婚や公務員としての赴任など正当な理由..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。