生涯発達心理学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数465
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会環境と発達病理について述べよ。
     発達とは、遺伝的に受け継いできたものが成熟によって開花していくことによる変化としている。また、このようなとらえ方と共に学習によって獲得された行動の変化というとらえ方もある。
     発達病理とは、ある年齢段階にいるものに対して社会が要求する行動が常識的と考えられるワクから逸脱しており、しかもそうした行動特性が社会現象として認識される場合のことをいう。
    そして発達病理の背景には何らかの社会環境が関係する。そこで以下に現代の社会環境を述べ、後にそこから生まれてくる発達病理をあげる。
     まず、家族と家庭である。子どもを取り巻くさまざまな環境の中で、最も大きな影響力をもっているのが過程である、それを構成する家族である。家庭はヒトが生を受けて出会う初めての環境であり、血縁を軸に情緒が結びついた社会の最小単位である。乳幼児期、児童期、青年期とヒトが人として成長していく過程で、家庭の果たす役割は異なってくるものの、その重要性は変わることはないといえる。
     発達環境としての家庭がもつ役割は①生理的な安全の保障。②家族との情緒的な結合を通して、子どもの心の安定を図り、心..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。