社会福祉援助技術と援助過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数594
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉援助技術と援助過程について
    社会福祉援助技術は、なんらかの生活上の課題を抱えた利用者への生活援助・自立支援を行う実践活動であり、究極的には、利用者の自己実現を目標に展開される。単なる一方的な技術・スキルの提供を意味しているのではない。利用者の課題解決や生活の改善・維持・向上に向けて、利用者の環境への対処能力を高めることにより、支援を展開することが必要である。
    つまり社会福祉を必要とするところで、社会福祉援助活動が適切に展開されるために、専門的な知識と技術を用いた技法が必要である。
    まず、社会福祉援助技術活動の構造について知るべきである。
    社会福祉援助技術は①価値、②知識、③方策、④方法という構造を持った包括的で統合的な概念である。これらは、構成要素とも呼ばれている。
    「価値」とは、実践を支える根底にあるもので、これまでに継続的に追求されてきた社会に対する考え方(人間観)である。
    次に「知識であるが、実践は「人間と環境の相互作用」に着目し、利用者固有の生活を把握・理解することが重要である。ここでの「知識」とは、人と環境に関わる知識であり、「人間」を理解するための、心理・発達・行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。