児童の権利に関する条約

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数749
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童の権利に関する条約」制定の背景と意義について述べよ。
    Ⅰはじめに
    子供の権利は労働者の権利や女性の権利などとは違い、子ども自身が獲得できたものではない。むしろ歴史の流れにしたがい、社会的に写し出されるようになってきたのもである。この「権利」という考え方は、国家の近代化にともなう人間の再編により発展してきた。そして、子供の権利もまた例外ではない。
     子供の権利を保障しようというような国際社会における動きが、いつ頃から始まり、どのような経過を辿り、それを結実したものとしてのこどもの権利条約はどのような理念(考え方)をもって制定されたのかについて知っておくことが子供の権利条約の内容を正しく理解するのに必要である。
     また、歴史的背景を知り、意義を理解することも必要である。
    Ⅱ歴史的背景
     1789.8.26フランス人権宣言:フランス革命において「人は、自由かつ権利のおいて平等なものとして生きる」と基本的人権の保障に向けての歴史的宣言がなされた。ジャン・ジャック・ルソーが「子どもの権利」を高く掲げた。
     1924.9.26児童の権利に関するジュネーブ宣言:第一次世界大戦後に「人類は児童に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。