集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,282
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。
    1. 集団援助技術とは
    生活上何らかの問題あるいはニーズを抱えている個人に対して、その問題の解消・軽減や、ニーズの充足を図る上 で、小集団における相互作用の力を活用することが有効であると判断されるとき、ワーカーにより計画される社会福祉 援助技術である。
    2. 基本原則の前提となる価値観
    個別援助技術と同様に、受容、個別化など援助の基本的原則があるが、集団援助技術の基本原則の前提となる価値観は、援助を求めている個人の自由と人間の尊重である。人間は生まれながらにして自由であり、自分で判断し行動する自由な意思(自己決定)をできる限り尊重され、人として重んじられ、かけがいのない存在として社会で主体的に生きることを保障される、という価値観である。
    3. 集団援助技術の基本原則
    ①個別化の原則:利用者の個別化とグループの個別化の二つを含む。個々人を正確に理解するため、メンバーごとの相違点を個々別々にとらえる。またそのグループも、他のグループとは異なる独自のものとしてとらえる。援助者は、グループ経験が個々の利用者にどのような効果をもたらし、一人ひ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。