乳児保育Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数614
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保育者の専門性と資質について述べよ。
     「保育」という仕事が、乳児にミルクを飲ませて、食事を与え、おむつをかえて、一緒に遊んでいるだけでよいというのではない。子どもの成長する過程を知り、その発達に応じて適切に対応となると誰にでも仕事ができるというわけではない。
     人間を相手にする仕事は、保育者に限ったことではないが、乳児期の保育が人を育てるのに最も大事な部分であるだけに、保育の仕事に携わる者は、乳幼児保育に関係する多方面の知識と技術とを、総合的に学習していることが基本条件となる。
     そして、保育者は、それぞれ違う一人ひとりの子どもの心を理解し、受け入れ、その要求を満たすなど適切な保育をしなければならない。
     また、乳児の情緒の安定を図るときなど、理論の裏づけとともに、日々実践され積み重ねていくものであり、資格を得た保育者のなすべき仕事なのである。
     保育者として、資格を得たということは、そのだ一歩を踏み出したに過ぎない。より専門性を高めるためには、自己学習はもちろんのこと、講習会、保育講座に出席するなど常に学ぼうとする姿勢をもつことが大切であり、その努力を忘れてはならい。それと同時に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。