総合演習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数324
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境歴史日本イギリス健康化学問題生物障害人間

    代表キーワード

    総合演習

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     次の設題の中から1つを選びなさい。〔設題2〕酸性雨による環境破壊・健康障害について述べなさい。
    1.酸性雨とは
     酸性雨という言葉は、今から100年以上も前、イギリスの化学者ロバート・アンガス・スミスが1872年に出版した「大気と雨 ー 化学的気象学の始まり」の中で「ACID RAIN」として使ったのが始まりといわれ、それを「酸性雨」と日本語に直訳したものである。
    酸性雨は、環境問題の一つとして問題視される現象で、大気汚染により降る酸性の雨のことを指す。酸性の雪は酸性雪、酸性の霧は酸性霧と呼ばれる。
    狭義にはpH 5.6以下の雨のことを酸性雨と呼ぶが、広くはこれに雪、霧や粉じん、ガス状物質などを含め、地表を酸性にする上空からの酸性降下現象をまとめて含めて考える。
    雨や雪、霧などの湿性降下物と、粉じんやガス状物質の乾性降下物を合わせて酸性降下物と呼ぶ。
    通常の雨はやや酸性である。中性にはならないのは、雨が純粋な水ではなく大気中に僅かに含まれる二酸化炭素や火山活動により生じた硫黄酸化物などが自然に溶け込むためである。 近年、pHが低い(酸性が強い)雨がしばしば観測されるようになり、酸性雨..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。