情報処理理論.演習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数270
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ。
     最近のコンピュータの発達には目を見張るものがある。持ち運びが可能なノート型のコンピュータでさえ,十年前の超大型コンピュータに匹敵する処理速度をもつものまで現れてきているのは驚きである。ここでは計算機物理学の「道具」であるコンピュータの歴史を簡単に振返ってみる。
    計算を機械に代行させようというアイデアはかなり古く, 17世紀には「パンセ」や「パスカルの法則」で有名なフランスの哲学者 数学者 物理学者であったパスカル (1623-1662) が歯車式の計算機械を考案した。また,本格的なものとしてはバベッジ (1791-1871) による「差分機関」や「解析機関」が名高く,特に解析機関は,機械式であることを除くと現代のコンピュータと非常に近い構成をもち,バベッジは計算機の歴史の上で偉大な先駆者として称えられている。しかし,これらはどちらも当時の機械加工技術が十分でなかったなどの理由で実用には至らなかった。
    人類初の電子式自動計算機,つまりコンピュータはエッカートらによってアメ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。