教師論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数644
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べよ。
     教員の資質能力は、子ども達に広い視野を持たせ、「生きる力」を育てていくことにつながる。
    あらゆる教育の問題は教師の問題に帰着するといわれるように、子どもたちに直接接し、指導に当たる教員に、優れた人材を確保する重要性は、これまでも繰り返し唱えられてきたところであるが、子ども「生きる力」をはぐくむことを基本とするこれからの学校教育の実現を展望するとき、教員の資質・能力の向上を図っていくことが、その実現に欠かせないのである。また、学校教育の基調の転換に向けた教員の意識改革もきわめて重要である。
     教員に強く要請される、「生きる力」をはぐくむ学校教育を展開するための豊かな人間性と専門的な知識・技術や幅広い教養を基盤とする実践的な指導力を培うためには、教員の養成、採用、研修の各段階を通じ、施策の一層の充実を図っていく必要がある。
     教員に求められる資質・能力については、学校段階によって異なるが、教員養成や研修を通じて、教科指導や生徒指導、学級経営などの実践的指導能力の育成を一層重視することが必要であると考えられる。特に今日の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。