教育課程論(幼稚園 初等教育)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,025
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼稚園または、小学校の教育課程編成上留意すべきことについて述べなさい。
     平成10年改訂幼稚園教育要領には「幼稚園においては、法令及びこの幼稚園教育要領の示すところに従い、創意工夫を生かし、幼児の心身の発達と幼稚園及び地域の実態に即した適切な教育課程を編成するものとする」と冒頭に述べている。さらに続く(1)の中に「この場合においては、特に、自我の芽生え、他者との存在を意識し、自己を抑制しようとする気持ちが生まれる幼児期の発達の特性を踏まえ、入園から修了に至るまでの長期的な視野を持って」と書かれている。
     したがって、幼稚園の目的、目標に向かって、教育を行う場である。さらに、個々の幼稚園が、目的や目標に向かって、どのような道筋を辿っていくかを明らかに捉え、幼児期に必要な教育内容を検討吟味して、行き当たりばったりではなく幼児期の発達に応じ、日々充実した生活が展開できるような、全体計画を必要とするのである。このように幼稚園における全教育期を見通した、教育内容の全体計画が教育課程である。
     つまり教育課程の編成は、幼稚園教育の内容・方法、そして幼児期の発達と生活について十分に理解するとともに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。