学校保健

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,061
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校保健活動の目的・方法・領域構造について説明せよ。
     教育基本法第1条の教育の目的について「教育は、人格の形成を目指し、平和的な国家及び社会の形成者として、心理と正義を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなけらばならない。」と述べている。つまり、学校保健はこの目的達成の一環の位置づけなけらばならい。
     養護教諭の役割については、学校教育法第28条7項において、「養護教諭は、児童の養護をつかさどる」 と述べられている。
     この「養護をつかさどる」とは、保健体育審議会答申より次のように促らえられる。昭和47年保健体育審議会答申によると、養護教諭は、専門的立場からすべての児童生徒の保健及び環境衛生の実態を的確に把握して、疾病や情緒障害、体力、栄養に関する問題等心身の健康に問題を持つ児童生徒の個別の指導にあたり、また、健康な児童生徒についても健康の保持増進に関する指導に当たるのみならず、一般教員の行う日常の教育活動にも積極的に協力する役割をもつものである。つまり、保健主事及び養護教諭は、学校において保健活動を推進する中心的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。