アジア経済 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数262
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [会社名を入力してください]
    アジア経済
    アジア通貨危機はなぜ資本収支危機と呼ばれるのか?
    [作成者名を入力してください]
    [日付を選択してください]
    [文書の要約をここに入力してください。要約は一般に、文書の内容を短くまとめたものです。文書の要約をここに入力してください。要約は一般に、文書の内容を短くまとめたものです。]
    資本収支の三項目とは、直接投資・銀行融資・証券投資である。それぞれの定義として、直接投資は、経営権の支配をもとに企業の海外進出や海外株式の購入をすることで、銀行融資は、民間銀行にたいして資金を融通することであり、法的に見ると金銭消費貸借契約にもとに資金の貸し手と借り手の間は債権債務の関係となる。融資された資金は融資目的に沿って運用され、最終的には元本が回収され期間利息の支払いがなされるもので、この利息はインカムゲインであり、担保は債権を保全するためのものである。
    証券投資とは、ポートフォリオ投資ともいい、配当や価格上昇を目的に海外の株式・債権(あらかじめ金利と満期が定められている証券)などの証券に投資することで、経営権を伴う直接投資とは違い、経営権の関与を伴わない投..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。