clever1106さん累積訪問者(96,977名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:78件

  • 93回薬剤師国家試験問137
  • 93回問137 肝臓・胆道・膵臓に作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 グリチルリチン酸は、糖質コルチコイド様作用を示し、慢性肝疾患における肝機能異常を改善する。 フロプロピオンは、ムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断して胆管平滑筋を
  • 全体公開 2009/06/21
  • 閲覧(1,208)
  • 93回薬剤師国家試験問136
  • 93回問136 呼吸器系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 ドキサプラムは、末梢性化学受容器に作用し、呼吸を促進する。 ブロムヘキシンは、気道粘膜において腺細胞からの分泌を促進させ、痰の粘性を低下させて去痰作用を示す。 プロカテロー
  • 全体公開 2009/06/18
  • 閲覧(832)
  • 93回薬剤師国家試験問135
  • 93回問135 麻酔した動物の血圧測定実験に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 アドレナリンを静脈内注射すると、血圧は一過性の上昇ののち、投与前の値より低くなった。この血圧の低下は、アドレナリンの代謝産物がアドレナリンβ1受容体に作用したためであ
  • 全体公開 2009/06/08
  • 閲覧(1,674)
  • 93回薬剤師国家試験問133
  • 93回問133 抗不整脈薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 プロプラノロールは、交感神経緊張による不整脈に有効である。 ベラパミルは、房室伝導を抑制し、上室性頻拍を抑制する。 ジソピラミドは、Ca2+チャネルを遮断し、心筋の興奮性を低下させる。
  • 全体公開 2009/06/08
  • 閲覧(667)
  • 93回薬剤師国家試験問132
  • 93回問132 心不全治療薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 リシノプリルは、心不全状態におけるレニン-アンギオテンシン系の亢進を抑制する。 フロセミドは、循環血流量を減少させ、心不全状態における前負荷の増大を軽減する。 ジギトキシンは、心筋収
  • 全体公開 2009/06/08
  • 閲覧(857)
  • 93回薬剤師国家試験問134
  • 93回問134 硝酸薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 後負荷には影響を及ぼさない。 血管平滑筋弛緩作用は、遊離した一酸化窒素がグアニル酸シクラーゼを活性化することにより生じる。 静脈の拡張により心臓へ還流する血流量が増大し、心筋酸素消費の減少
  • 全体公開 2009/06/08
  • 閲覧(513)
  • 93回薬剤師国家試験問130
  • 93回問130 抗アレルギー薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 ジフェンヒドラミンは、気管支においてヒスタミンに加えてアセチルコリンにも拮抗し、気道分泌を抑制する。 フェキソフェナジンは、ヒスタミンH1受容体を遮断するとともに、ケミカルメディエ
  • 全体公開 2009/06/07
  • 閲覧(933)
  • 93回薬剤師国家試験問131
  • 93回問131 非ステロイド性抗炎症薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 チアラミドは、主にシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することにより抗炎症、鎮痛、解熱作用を現す。 メロキシカムは、アスピリンと比較してCOX-2に対する選択性が高く、胃粘
  • 全体公開 2009/06/07
  • 閲覧(605)
  • 93回薬剤師国家試験問126
  • 93回問126 抗てんかん薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 フェニトインは、脳神経細胞へのNa+流入を抑制し、強直間代発作や欠神発作に用いられる。 カルバマゼピンは、脳神経細胞のT型Ca2+チャネルを遮断し、複雑部分発作に用いられる。 エトス
  • 全体公開 2009/06/01
  • 閲覧(639)
  • 93回薬剤師国家試験問127
  • 93回問127 鎮痛薬に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 モルヒネは、下行性の痛覚抑制系を活性化し、脊髄後角における痛覚情報の伝達を抑制する。 ペチジンは、オピオイドμ受容体を介した鎮痛作用に加えて鎮痙作用をもつ。 ペンタゾシンは、オピオイドμ
  • 全体公開 2009/06/01
  • 閲覧(570)
  • 93回薬剤師国家試験問129
  • 93回問129 関節リウマチ治療薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 アクタリットは、胸腺からのサプレッサーT細胞の分化誘導を促進する。 レフルノミドは、体内で活性化されてピリミジン合成を阻害する。 オーラノフィンは、シクロオキシゲナーゼを阻害し
  • 全体公開 2009/06/01
  • 閲覧(1,599)
  • 93回薬剤師国家試験問128
  • 93回問128 次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 メチルフェニデートは、アンフェタミン様の中枢興奮作用をもち、ナルコレプシーに用いられる。 ベタヒスチンは、アドレナリンβ受容体を遮断して内耳の微小循環を改善し、メニエール病に伴うめまいを抑制する。
  • 全体公開 2009/06/01
  • 閲覧(812)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?