93回薬剤師国家試験問127

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数367
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    93回問127
    鎮痛薬に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
    モルヒネは、下行性の痛覚抑制系を活性化し、脊髄後角における痛覚情報の伝達を抑制する。
    ペチジンは、オピオイドμ受容体を介した鎮痛作用に加えて鎮痙作用をもつ。
    ペンタゾシンは、オピオイドμ受容体には完全刺激薬として、オピオイドκ受容体には部分刺激薬として作用する。
    ナロキソンは、オピオイドμ受容体刺激作用のない麻薬拮抗薬で、過量のモルヒネにより抑制された呼吸を回復させる。
    解答 2
    ○ 
    ○ ペチジンは、オピオイドμ受容体を刺激することで、モルヒネの1/6~1/10の鎮痛作用を示す。また、ペチジンは、アトロピン様の向神経性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。