93回薬剤師国家試験問126

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数429
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    93回問126
    抗てんかん薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    フェニトインは、脳神経細胞へのNa+流入を抑制し、強直間代発作や欠神発作に用いられる。
    カルバマゼピンは、脳神経細胞のT型Ca2+チャネルを遮断し、複雑部分発作に用いられる。
    エトスクシミドは、GABAB受容体に作用してK+チャネルを活性化し、欠神発作に用いられる。
    ジアゼパムは、GABAA受容体機能を亢進し、静注でてんかん重積状態の緩解に用いられる。
    バルプロ酸は、GABAトランスアミナーゼ阻害作用があり、全般発作に有効である。
      1(a,b) 2(a,e) 3(b,c) 4(c,d) 5(d,e)
      
    解答 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。