93回薬剤師国家試験問125

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数594
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    93回問125
    全身麻酔に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
    麻酔時にモルヒネを併用すると、モルヒネの動眼神経核抑制作用により散瞳の増大が認められる。
    プロポフォールは、麻酔の導入と覚せいが速やかで、持続点滴による全身麻酔に用いられる。
    神経遮断性麻酔には、麻薬性鎮痛薬のフェンタニルとブチロフェノン系神経遮断薬のドロペリドールを併用する。
    セボフルランは、心筋のカテコールアミンに対する感受性増大作用がハロタンより強い。
    解答 3
    × 麻酔時にモルヒネを併用すると、モルヒネの動眼神経核抑制作用により縮瞳が認められる。
    ○ 
    ○ 神経遮断性麻酔とは、よびかけに反応する程度に意識を保ち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。