94回薬剤師国家試験問125

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数698
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    94回問125
      パーキンソン病治療薬に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    カルビドパは、芳香族L-アミノ酸デカルボキシラーゼを阻害し、内服したレボドパの脳内移行量を増加させる。
    ドロキシドパは、パーキンソン病における振戦と筋強剛を改善するが、無動症とすくみ足を悪化させる。
    セレギリンは、B型モノアミン酸化酵素(MAOB)を阻害し、レボドパの効果を増強する。
    タリペキソールは、ドパミンD2受容体を刺激してパーキンソン病の症状を改善する。
    ビペリデンは、向精神薬により誘発されるパーキンソン病様症状には無効である。
      1(a,b,c) 2(a,b,e) 3(a,c,d)
      4(b..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。