93回薬剤師国家試験問124

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数678
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    93回問124
    末梢神経系とその効果器に作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    リドカインの局所麻酔作用は、適用された部位のpHにより影響され、酸性部位ではその効力が減弱する。
    コカインは、Na+チャネル遮断に加え、ノルアドレナリンの血管収縮作用を抑制する。
    スキサメトニウムは、骨格筋弛緩作用に先立ち、終板の脱分極を引き起こす。
    ベクロニウムは、骨格筋の静止膜電位を変化させず、終板電位を抑制する。
    ダントロレンは、主に骨格筋細胞膜のNa+チャネルを遮断し、筋弛緩を引き起こす。
      1(a,b,c) 2(a,b,e) 3(a,c,d)
      4(b,d,e) 5(c,d,e)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。