93回薬剤師国家試験問121

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数594
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    93回問121
    細胞膜に存在する受容体に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    神経筋接合部のニコチン性アセチルコリン受容体の刺激は、筋細胞内へのNa+流入を引き起こし、膜電位は脱分極側に変化する。
    交感神経節後線維末端に存在するアドレナリンα2受容体の刺激は、サイクリックAMP(cAMP)の減少と神経伝達物質の遊離抑制を引き起こす。
    心筋細胞のアドレナリンβ1受容体の刺激は、cAMPを増加させ、心筋収縮を促進する。
    ヒスタミンH2受容体の刺激は、ジアシルグリセロールとイノシトール1,4,5-三リン酸の生成を促進する。
    セロトニン5-HT2受容体の刺激は、Cl-流入を引き起こし、膜電位..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。