93回薬剤師国家試験問181

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数368
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    93回問181
    肝障害の診断に用いる臨床検査に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    肝硬変では、γ-グロブリンが上昇し、プロトロンビン時間が延長する。
    肝細胞癌では、SCC抗原(squamous cell carcinoma related antigen)が上昇する。
    急性肝炎の疑いがあるときは、肝炎ウイルスマーカーの検査が不可欠である。
    薬剤性肝障害に関する検査項目には、アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)とγ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)がある。
    アルコール性肝障害では、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)は変動しない。
      1(a,b,c) ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。