88回薬剤師国家試験問16

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数710
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    88回問16
    日本薬局方における粘度測定法に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
    液体の流れに平行な平面の単位面積あたりの内部摩擦力をずり応力(S )、流れに垂直な方向の速度勾配をずり速度(D )とよび、粘度()とは、     D =Sの関係式で示される。
    粘度の単位としてパスカル秒(Pa・s)またはミリパスカル秒(mPa・s)が用いられる。
    高分子物質を含む液体の極限粘度を測定することにより、分子量の目安となる情報が得られる。
    毛細管粘度計を用い、粘度及び密度既知の液体Aについて毛細管を通って流下するに要する時間を測定したところ、t秒を要した。同一の粘度計を用いて同条件で液..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。