91回薬剤師国家試験問26

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,257
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    91回問26
    物質の旋光性に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
    化合物の比旋光度を算出するとき、必ずしも分子量がわかっている必要はない 。
    旋光度は、赤外線の波長領域で通常測定される。
    物質が旋光性を持つためには、分子の中に少なくとも1個の不斉原子がなければならない。
    旋光性は左右円偏光に対する屈折率の差に起因する。
    解答 4
    ○ 比旋光度は次式により求めることができるため、分子量は必ずしもわかっている必要はない。
    × 旋光度は、可視光線の波長領域で通常測定される。なお、通常旋光度の測定には、光源としてナトリウムD線(589 nm)を用いる。
    × 分子中に不斉原子がない物質で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。