90回薬剤師国家試験問16

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数747
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    90回問16
    図は光が等方性の媒質Aから媒質Bに入るとき、その境界面で進行方向が変わる現象を模式的に示している。これに関する記述のうち、正しいものはどれか。
    媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nはn で表される。
    媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射角iによらず一定である。
    媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長によらず一定である。
    日本薬局方一般試験法の屈折率測定法では、通例、温度20℃で、光源としてキセノンランプを用いるよう規定されている。
    解答 2
    × 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nはn で表される。
    ○ 
    × 媒質中の光の速度は振..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。