緩衝液のpHの求め方

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数21,488
ダウンロード数62
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    緩衝液のpHの求め方
    緩衝液のpHを求める場合、ヘンダーソン式である①式にpKa及び分子形の濃度、イオン形の濃度を代入する。
    pH=pKa+log ……①(酸性物質の場合)
    ただ、分子形の濃度、イオン形の濃度を求めて、ヘンダーソン式に代入すると計算過程が複雑になるため、緩衝液中の分子のモル数、イオンのモル数を代入してpHを求める方が簡便である。このことを踏まえて緩衝液のpHを求めてみよう。
    緩衝液のpHを求める問題のパターン
    パターン1
    緩衝液のpHを求める。
    (例:0.1 mol/L酢酸(pKa=4.76)と0.1 mol/L酢酸ナトリウムを含有する緩衝液が1L存在する)
    酢酸(分子形)のモル数及び酢酸ナトリウム(イオン形)のモル数を計算し、①式に代入する。
    酢酸のモル数=0.1 mol/L×1L=0.1 mol
    酢酸ナトリウムのモル数=0.1 mol/L×1L=0.1 mol
    pH=pKa+log =4.76+log =4.76
    パターン2
    緩衝液を調整後のpHを求める。
    (例:0.1 mol/L酢酸液と0.1 mol/L酢酸ナトリウム液を2:3で混合し、全量500 mLを調整する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。