89回薬剤師国家試験問16

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数599
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    89回問16
      物質の性質に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    非電解質の希薄水溶液の凝固点は、溶質の重量モル濃度に比例して降下する。この比例定数をモル凝固点降下定数とよび、物質固有の定数である。
    融解熱、蒸発熱、昇華熱を状態量として取り扱うことができるのは圧力一定の場合で、それぞれ固相→液相、液相→気相、固相→気相への状態変化に伴うエンタルピー変化量に対応している。
    融点は、圧力一定のもとでの固相と液相が平衡状態にあるときの温度で、純物質の場合、物質固有の値をとるが、必ずしも凝固点と一致するとは限らない。
    ラウール(Raoult)の法則が成立する溶液について、溶媒Aの蒸気圧降下..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。