88回薬剤師国家試験問136

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数240
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    88回問136
    フロセミドに関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    主な作用点はヘンレ係蹄の太い下行脚である。
    利尿効果はトリクロルメチアジドよりも強い。
    Na+-K+-2Cl-共輸送系を促進する。
    血漿レニン活性を上昇させることがある。
    高尿酸血症を引き起こすことがある。
      1(a,b,c) 2(a,b,e) 3(a,c,d)
      4(b,d,e) 5(c,d,e)
    解答 4
    × ループ利尿薬であるフロセミドの主な作用点は、ヘンレ係蹄の太い上行脚である。
    ○ ループ利尿薬であるフロセミドは強い利尿効果を示す。
    × ループ利尿薬であるフロセミドはNa+-K+-2Cl-共輸送系を阻害す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。