88回薬剤師国家試験問15

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数842
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    88回問15
    解離定数に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
    pKaの値が小さいほど、酸性の強さは小さい。
    pKbの値が大きいほど、塩基性の強さは大きい。
    pKaの値は、解離している分子種と解離していない分子種が等モル量存在している溶液のpHに等しい。
    25℃における弱電解質水溶液では、 pKa ×pKb=14として取り扱える。
    pKb8の塩基性薬物は、pH9の水溶液においてはほとんどがイオン型で存在している。
    解答 4 
    × Kaの値が大きいほど酸性度は大きい。pKa=-logKaであることから、pKaの値が小さいほど、酸性の強さは大きい。
    × Kbの値が大きいほど塩基性度は大き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。