85回薬剤師国家試験問135

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数437
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    85回問135
    腎機能に影響する次の薬物の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    トリクロルメチアジドは、低K+血症、高尿酸血症、耐糖能低下などをもたらすことがある。
    スピロノラクトンは、アルドステロン依存性のNa+-K+交換系を抑制し、利尿を起こす。
    アセタゾラミドは、遠位尿細管に作用して、H+-K+交換系を抑制する。
    フロセミドは、ヘンレ係蹄下行脚において、Na+-K+-2Cl-の共輸送を阻害する。
    エタクリン酸は、遠位尿細管腔に到達するNa+の増大により、K+の排泄を低下させる。
      1(a,b) 2(a,d) 3(b,c) 4(c,e) 5(d,e)
    解答 1
    ○ チアジド系利尿薬で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。