93回薬剤師国家試験問123

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数435
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    93回問123
    自律神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
    ナファゾリンは、アドレナリンα1受容体に作用し、鼻粘膜細動脈の血流を減少させる。
    エフェドリンは、アドレナリンβ受容体刺激作用とともに、交感神経節後線維終末からのカテコールアミン遊離作用も示す。
    トロピカミドは、ムスカリン性アセチルコリン受容体に作用し、眼圧を低下させる。
    カルバコールは、ニコチン様作用を示し、コリンエステラーゼにより分解される。
      1(a,b) 2(a,c) 3(a,d)
      4(b,c) 5(b,d) 6(c,d)
     
    解答 1
    ○ ナファゾリンは、アドレナリンα1受容体に選択的に作..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。