アルミナ関連

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数776
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1.アルミナ
     アルミナは耐熱性や化学安定に優れ、資源的にも恵まれた材料であるが、単味では固体酸触媒あるいは触媒担体として、さらには、他成分との複合酸化物として、もっとも普遍的に使われる材料である。
    <合成法>
     アルミニウム塩、水酸化アルミニウム、アルミニウムアルコキシドの熱分解、金属アルミニウムの酸化などで合成される。鉱物名では、三水和物型(Al2O3・3H2O)のベーマイトやダイアスポアがあり、これらの出発原料と焼成温度の違いから、異なった結晶組成(α、γ、η、θ、χなど)のAl2O3が得られる。例えば、天然物相からの焼成では
    ベーマイト→(大気中、500℃、焼成)→γ- Al2O3→(900℃、焼成)→δ- Al2O3→(1200℃、焼成)→α- Al2O3
     ギブス石→(大気中、250℃、焼成)→χ- Al2O3→(900℃、焼成)→κ- Al2O3→(1200℃、焼成)→α- Al2O3
     バイヤライト→(大気中、250℃、焼成)→η- Al2O3→(900℃、焼成)→θ- Al2O3→(1200℃、焼成→α- Al2O3
     触媒材料としての工業的製造法は、硫酸アルミニウム..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。