教育行政学レポート第1,第2設題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数485
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題:
    教育基本法の「改正」について論じなさい。』
    第2設題:
    教育委員会制度について、戦後地方教育行政改革の
    原則をふまえて論じなさい。
    『教育基本法の「改正」について論じなさい。』
     1945年8月15日、わが国は第二次世界大戦で敗戦し、教育においても大きな転換期を迎えた。1947年3月31日、民主化への動きとアメリカの強い勧告の元で、教育基本法が制定された。これにより、50年以上わが国の教育を支配した教育勅語は廃止となった。この教育基本法は、前文の中に「ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。」と記されているように、日本国憲法との関連を強く意識させたものであり、日本国憲法で示されたことの実現が、教育の力によるものとされた。また、第1条(教育の目的)の「教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に満ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない。」とあるように、個人の価値を尊重して、自主精神に満ちた心身と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。