生涯学習概論試験_参考資料

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,458
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.学習社会論について論述せよ。
    2.ラングランの生涯教育理念とその社会的背景について述べよ。
    3.リカレント教育の機能、意義及び現状と課題について述べよ。
    4.ハヴィガーストの発達課題と生涯学習について論述せよ。
    5.生涯学習の方法・形態・評価について論述せよ。
    6.学歴社会から生涯学習社会への転換を目指して展開されてきた生涯学習政策について論述せよ。
    1.学習社会論について論述せよ。
    (学習社会論とある存在様式、およびフォール報告について論述せよ。)
    1968年にロバート・ハッチンスが、その著書「ザ・ラーニング・ソサエティ」によって学習社会論を提唱した。これは彼の学習に対する姿勢や考え方を体系化したものであり、教養ある市民からなる社会を志向するハッチンスにとって、市民が自由な時間に学習していた古代アテネの社会がモデルとなっている。ハッチンスはその学習社会論を、「学習、達成、人間的になることを目的とし、あらゆる制度がその目的の実現を志向するように価値の転換に成功した社会」としている。
    この学習社会という言葉が社会に広まった契機としては、ユネスコが1971年に設けた「教育開発国際委員会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。