教育行政学試験_参考資料

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,131
ダウンロード数93
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.今日の教員採用の状況もふまえて、教員養成制度について論じなさい。
    2.教育費の問題について、地方分権改革の流れも含めて論じなさい。
    3.旧教育委員会法と「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」とを比較検討しなさい。
    4.生涯学習行政の現状と課題について論じなさい。
    5.戦前の勅令主義と比較しながら、教育行政の法律主義について、その限界と問題点も含めて論じなさい。
    6.教育基本法の「改正」について、「教育の自由」の観点から論じなさい 1.今日の教員採用の状況もふまえて、教員養成制度について論じなさい。
    近年の教員採用の状況は、文部科学省からの通達もあって、多くの都道府県の教員採用試験において、社会人経験者の枠を設け、筆記試験の成績よりも人物評価を重視するようになってきた。その理由は、学校教育の指導の在り方の質的変化や生徒指導上の諸問題に適切に対応するため、学校には様々な資質能力や体験を持つ人材が求められており、必ずしも知識の量のみにとらわれず、個性豊かで多様な人材を幅広く教員として確保していくことが必要だからである。
    次に、我が国の教員養成制度について述べる。
    我が国の教員養成制度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。