日本国憲法試験_参考

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数408
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.校則と自己決定権について論じなさい。
    2.報道の自由とプライバシーの保護について論じなさい。
    3.表現の自由の制限について論じなさい。
    4.信教の自由と政教分離について論じなさい。
    5.法の下の男女平等について論じなさい。
    6.私人間における人権差別について論じなさい。
    1.校則と自己決定権について論じなさい。
    自己決定権とは、個人が一定の私的事項については、権力の介入・干渉を受けずに、自ら決定することができる権利である。自己決定権に属する事例としてあげられるものには、各人のライフスタイルにかかわるものが多くある。例えば、髪型、ひげ、服装、性的行動、婚姻や離婚の自由などである。
     自己決定権を侵さないかどうかが特に問題になっているものに、校則がある。学校ごとに規則の細かさの程度の違いはあるが、髪型や服装などについて校則で定められている。校則違反した場合、注意されてすめばよいが、退学などの厳しい処分とまで言われることもある。これは、やりすぎではないか、自己決定権を侵していないかということが問題になるのである。
    過去に校則が自己決定権を侵害したとして裁判を起こした判例としては髪型やバ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。