教育哲学試験_参考資料

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数275
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.青春期の人間の特徴と中等教育の根本問題について述べよ。
    2.国際化時代に必要な人間の能力と、その教育について述べよ。
    3.子どもは両親と家庭に何を求めているか。家庭教育の今日的課題について述べよ。
    4.共生の時代に向かってわれわれはどのような発想の転換を求められているか。近代的なものの見方と対比して述べよ。
    5.教育手段としての「叱る」ことと「ほめる」ことの意味と、留意しなければならぬ点について述べよ。
    6.子どもの遊びはなぜ大切か。子どもの生活における体とものの意味とはたらきに関連づけて述べよ。
    1.青春期の人間の特徴と中等教育の根本問題について述べよ。
    大いなる心情的な飛躍と高揚の時期であると同時に、深い「惑い」と「葛藤」、「不安の
    時期でもあって、彼等はかたくなに秘密を好み、質問を嫌い、故意に違った答をするな
    ど、この不安に対処するさまざまな防衛機制を作り出す。
    この時期の人間がとりわけ「理解と扱いの難しい年頃」といわれる所以である。
    ガルディーニによれば青春期の人間の特徴
    ・「感情的な傷つきやすさ」
    ・「過大な自己主張や大言壮語」
    ・「やみくもな権威への反抗」
    ・「課題に対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。