S0104教育方法学 科目最終試験 解答例

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,881
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0104 教育方法学 科目最終試験 対策資料 5点セット
    ●わが国の子どもの学習意欲を高めるために、どのような授業づくりをしたらよいかをテキストの内容をふまえながら述べよ。
    (67)わが国の子どもの学習意欲を高めるには、学習指導の工夫をすることが求められると考える。工夫すべき学習指導には基礎的な学力と発展的な学力 を育てるための学習指導法の工夫が考えられる。
     一人一人の子供に基礎的な学力を培うためには、子どもの学年段階、教科の特徴、単元内容、教職員の人数などを考慮しながら、多様な学習指導法を導入する必要がある。 1.ティーム・ティーチング(T・T)  一般的なT・Tは、一人の教師が一斉指導をしているときに、もう1人の教師が机間巡視をしながら、つまずきやすい子どもに個別指導をするというものである。複数学年間でのT・Tを行うこともある。 2.少人数授業  これは、最大で40人いる学級を解体して、いくつかの教科の授業では一つの学習集団を20人以下の少人数にして、子に応じた指導を充実させようとするものである。すでにかなりの県や市で導入されている。
    3.習熟度別学習
    習熟度別学習では、個々の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。