S0532生徒指導・進路指導の研究 (初等) 科目最終試験 解答例

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数683
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等) 科目最終試験 対策資料 5.5セット
    ★いじめの構造とその特質についてまとめ、具体的な指導方法を述べよ。
    最近のいじめを 一言で言うなら『集団による弱いものいじめ』である。そこにはたんに『いじめっこ』と『いじめられっこ』だけの問題ではなく、『観衆』と『傍観者』がきわめて重要な意味を持った存在であることが予想される。最近のいじめの特徴のひとつにいじめの長期化がある。いじめが長期化することの背景に『観衆』や『傍観者』の存在がある。なかでも『傍観者』はいじめを長期化するのを誰もとめないからである。いじめをとめることによって自分が標的になるのをおそれているというものである。この『傍観者』といわれる子供たちはいじめにたいして、かわいそう、ひどい、助けてあげたいと感じている一方で、もっとやれ、すっきりしたなどと答えている調査結果もでている。今のいじめは『みんなで誰かを阻害し、排除しよう』とするものが多い。よって、実際に手をくだしたかどうかの問題ではない。直接的な加害者だけではなく、そのいじめに加担した全ての子供たちを問題にしていくべきである。
     具体的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。