美術概論Ⅰ 科目最終試験対策 解答例 セット

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,075
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども教師発達子供学習評価授業課題指導技術

    代表キーワード

    美術概論指導

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    美術概論Ⅰ 科目最終試験対策 8点セット
     子どもの発達段階をふまえた「楽しい授業」のあり方について具体的な指導方法をあげ、その展開例を述べなさい。
    造形活動=子ども達の実際の活動
    造形教育=それらを教える教師の活動の総称 と思っておいて良いのじゃないでしょうか?
    子どもへの共感的理解。教師による受容的環境作り。から始まり発達段階に応じた適切な技術的指導。
    それに欠かせない魅力的な教材研究と作り。なんてものを楽しい授業作りの観点から考えてどうでしょう?
     子供が成長すると共に美術から離れる原因をさぐり今日の美術教育について項目をたてて述べなさい。
    今日の美術教育
    新しい学力観から紐解いてみましょう
    上の反省を踏まえ、新しい学力観では
    ○造形への関心度・態度
    ○発想・構想の能力
    ○創造的な技能
    ○鑑賞の能力
    などが盛り込まれています。昔、子どもは「大人の未完成な存在」と扱われてきました。今は「1人の個性としての存在」と扱われています。
    そして教師の評価は作品の出来そのものよりも、物事に対する「関心・意欲・態度」に重点を置かれていることがわかりますね。その次に思いや
    願いなどがよく表れてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。