体育概論1 科目最終試験対策 解答例

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,017
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     体育概論1 科目最終試験対策 6点セット
     子どもの体力や運動能力は、ただ単に大人を小さくしたものではないとされている。(P125)その根拠について具体的に述べよ。
    人間の発育は、遺伝子要因をはじめ養育環境や教育など多くの要因に影響されている。(発育は連続的に進行するが、一定の速度で進行しているものではない。)
    ●体力、運動能力は計画的・意図的、あるいは偶然的にしろ、何らかの形で働きかけ(トレーニング、練習)を行うことによって、能力を変化させることができる。これがトレーニング効果だ。
    それぞれの器官がもっとも発達する年齢において、発達を促すような働きかけ、運動やスポーツを指導することによって能力を変化させることができる。よって子供のそれ俺の年齢にふさわしい身体的能力を向上させる指導をしなければならない。
    動きの調整をつかさどる主体である神経系の発達は10歳までにほとんど完了してしまうので、さまざまな動き方や身のこなし方は11歳以下に練習させることが望ましい。さまざまなスポーツの基本となる動き方も11歳以下に学ばせる。11歳ころから中学校までは、骨格が伸び、筋肉が肥大し、呼吸循環機能の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。