教育原論 最終試験対策 解答例セット

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数587
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0101 教育原論 最終科目試験対策
     コメニウスの教授学や一斉授業について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    コメニウスはすべての青少年の教育のために、すべての子供が学校へ通うことの必要性を説いている。つまりは貧富の差、男女の別、身分の区別なく、すべての子供に学校教育が与えられなくてはならない。とうったえている。それに伴って、すべての人が学習可能な教授学の確立を訴えている。  まず、一歩一歩段階的に教えるためには、統一的で体系的なカリキュラムが求められる。そして、いったん学校へ送られた子供はカリキュラムに従って知識・道徳を習得するまで教育を継続させねばならない。また、すべての子供が学習可能な教材が作成されなくてはならない。学校で使われる教材は、まず容易な内容から初めて、次第に難しい内容へと進まなければならない。また子どもが自発的に学習するように子どもの内面に働きかけることも重要だと言っている。コメニウス教授において「直観」が重視されている。すべての内容を生徒の心に刻みつけるために、子どもの五感に訴えて教えることが望ましい。
    コメニウスは、効率よく教育を行うために、一人の教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。