教育原論 最終科目試験対策 ハヴィガーストの発達課題についてのべよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,444
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原論 最終科目試験対策
    ハヴィガーストの発達課題についてのべよ。
      まず『発達課題』とは、人間には発達に応じた課題があるということを意味する。この考えはアメリカの教育学者であるロバート・R・ハヴィガーストがその著『人間の発達課題と教育』の中で積極的に述べている。彼は次のように述べている。「個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題はわれわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められずその後の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。