教育方法学レポートS0104 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数738
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
     近年、児童・生徒をはじめとする学習者を取り巻く環境は複雑で多様化しており、教師もその状況についていくのが困難な状況にある。しかし、教師はいつの時代にあっても一般的に求められる資質・能力を十分に兼ね備えていく必要がある。現在、学習者を取り巻く環境が多様化している中で柔軟な授業を展開していくためには、従来の知識伝達型の授業の設計や評価だけでは不十分であるため、後者の能力が重要視される傾向にある。
     教室内で行われる説明、発問、板書、指示といった技術だけではなく、地球的視野に立って授業を展開する能力や、社会の変化に適応するための知識および技能が必要になってくる。地球的視野に立って授業を設計する能力とは、教室内で必要とされる知識の伝達だけでなく、国際社会で必要とされる豊かな人間性であったり、考え方や立場の相違を受容し、多様な価値観を尊重する態度である。
     そして、変化の時代に適応するための知識および技能は、自己..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。