教育心理学レポートS0105 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数779
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。」
     人はさまざまな環境に反応して生活を営み、環境はたえず変化している。ゆえに、人が生きてゆくには環境と状況に応じた行動をとる必要がある。さらに、単なる生命の保全だけではなく、欲求を満たして行動できるように、行動を調節してゆかなければならない。このように、主体としての個人が、その欲求を満足させようとして環境の諸条件と調和するためにとる行動や態度の調整を「適応(adjustment)」と呼ぶ。
     「適応」の様態に関して、その元にある人の行動を引き起こす「動機づけ」と欲求の種類、その対立に起因する「葛藤(conflict)」や阻害されて生じる「欲求不満(frustration)」の成り立ち、そして、それらの対処の仕方としての「適応機制(adjustment mechanism)」と「防衛機制(defense mechanism)」がある。
    ①抑圧(repression)
    心的エネルギーをそのまま発散させると不安や破局を起こす恐れがある時、自我がそのような不安や破局を起こしそうな衝動やそれに結びついた観念や感..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。