教育心理学レポートS0105 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,416
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。」
     象徴機能とは、ものごとや出来事を何らかの記号に置き換えてそれが目の前に存在しないときにも記号によって認識する事をいう。
     赤ん坊は周囲の刺激を選択的にキャッチし、総合する知覚能力を利用し、感覚運動活動を通して認識を深めてゆく。新生児は、口元を軽くつつくと触った方向に顔を向けようとしたり、掌にものが触れると強く握ろうとする。これらの原始反応は生後2~6か月のうちに消失する。そして、しばらくの期間をおいて自らの意志で一定の目的にそった行動を積極的に示すようになる。生後3か月ころ、乳児が目覚めて静かにしているときに、自分の手を近づけたり、手指を動かして両手に絡み合わせたり、様々に変化をつけてじっと見つめる様子が観察される。視覚と運動の協応の始まりを示すとともに自分の身体と出会う。やがて、生後1年前後になると、ものの性質を調べる目的で自分の行動に変化をつけ、新しい行動パターンを生み出す。たとえば、ひもを振っているうちにものが動くことに気づけば、ただ、ひもを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。