教育原論第一設題レポート S0101

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数585
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
     まず、ペスタロッチーとはどういう人物なのかを述べていきたい。そして彼の教育学について考察する。
    ペスタロッチーは、スイスの教育家であり、教育思想家である。スイスのチューリッヒに生まれ、学生時代にフランスの哲学者ルソーの影響を受け、政治や法律への関心を持つが、やがて農業へのりだす。結婚後、農家の貧児や浮浪児を集めて学校を始めるが、経済的な理由により5年で閉鎖する。続く20年間は著作活動を通じて、彼の教育理論を形成する。この時期の著作、「隠者の夕暮」(1780)は人間と教育についての考察であり、「リーンハルトとゲルトルート」(1781)は賢い母の知恵が、村の子供たちを良くし、やがては村々や国全体をも良くしていく過程を描いた教育小説である。
    1798年、長年考察してきた教育理論を実践する場をえた。フランス軍との戦争で、家や両親を失った孤児たちの教育である。彼はそれをシュタンツの修道院で始め、献身的に活動したが、まもなく閉鎖された。後援者を得て、1801年にブルクドルフの古城に学校を開き、ヨーロッパにおける教育実験の中心地として注..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。