美術概論Ⅰレポート、S0606

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,019
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『美術嫌いになる原因を具体的事例からさぐり、楽しい・わかる・できる授業を通して好きにさせるための手立てを、学習指導要領の目標及び内容・方法と関連づけて述べなさい。』
     美術教育の課題として“美術嫌い”について述べられているものがある。 ある中学校で行われた『美術に関心がある ない』というトピックでのメールアンケート調査によると、『ある』が64通、『ない』が53通の計117通だった。『美術に関心がない』と答えた生徒の理由をみてみると、『絵をかくのが苦手。』『授業がつまらないから』『自分に才能がないから不得意』『いい絵を見せられても良さがわからない』などという答えが目に付いた。ほとんどの子供たちは、幼稚園や小学校低学年のとき絵を描くのが大好きだと言う。しかしながら、成長するに従ってこのように美術に対する気持ちが変化してゆくのは、美術という教科における、教師の子供たちへの指導・評価が、間違っているからではないかと思う。この仮定をもとに、子供たちから“美術嫌い”をなくし、楽しい・わかる・できる授業を通して美術を好きにさせるための手立てを考えてゆきたい。
    ある低学年の生徒が母の日に向けて、自分の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。