レポート、S0528、道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数302
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育についてのべよ。
     「生きる力」とは「全人的な力」であり、「人間としての実践的な力」(知・徳・体のバランスのとれた力)であり、「生きていくための「知恵」」とも言うべきものである。2003年10月の答申において、「生きる力」は「確かな学力」と「豊かな人間性」と「健康・体力」の三つの能力から成る「全人的な力」と再定義されている。第15期中央教育審議会第一次答申は、「生きる力」を育むに当たって、特に次の四つの視点を重要としている。(1)学校・家庭・地域社会の連携と課程や地域社会における教育の充実。(2)子どもたちの生活体験・自然体験などの機会の増加。(3)「生きる力」の育成を重視した学校教育の展開。(4)子供と社会全体の「ゆとり」の確保。なかでも、(3)「生きる力」の育成を重視した学校教育の展開について、学校が留意する必要があるとして挙げられている次の諸点が重要である。①「生きる力」の育成を基本とし、自ら学び、自ら考える教育へと転換する。②生涯学習社会を見据えつつ、「生きる力」という生涯学習の基礎的な資質の育成を重視する。③「ゆとり」のある教育環境で「ゆとり」のあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。