社会福祉援助技術論Ⅱー1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数374
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ソーシャルワークとケアマネジメントの関係について論述せよ。』
     社会福祉は、その概念が生まれてから今日に至るまでの間に、慈善的な援助から専門的な援助へと発展を遂げた。 今日、私たち社会福祉専門職にとって、社会福祉援助技術は不可欠なものである。 社会福祉援助技術は、人間の生活の質を高めていくための一定の理論と技術をもった実践的なものである。
     社会福祉援助活動(ソーシャルワーク)とは、「利用者固有の生活状況を基点に、より豊かな社会生活の回復と実現を目指し、制度としての社会福祉諸サービスの提供を通じ、利用者による課題解決を可能にする支援活動の展開と、他方では、社会の発展に対応した社会福祉の維持と、その諸条件の改善・向上を目標とした専門職業者による支援活動システムの展開過程である。」と定義づけられている。
     一方、社会福祉援助に比べ、ケアマネジメントが導入された歴史はまだ浅い。日本では、介護保険制度の施行にともない、ケアマネジメントが行なわれるようになったが、現場での理解度はまだまだ不十分であるといえる。
    それぞれの特性と関係性について述べる。
    ・ソーシャルワーク
     私たちは日常生活におい..

    コメント1件

    mikan106 販売
    A評価です。
    2009/11/28 15:01 (7年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。