社会福祉援助技術論Ⅰ-1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数347
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『個別援助技術の構造と機能について述べよ。』
     社会福祉援助者は、利用者との信頼関係を築き、相談援助を行なっていく。効果的な援助を行なうためには、知識・技術の習得はもちろんであるが、まず自己覚知が必要である。そして個別援助技術を活用するためには「構造と機能」を理解・把握することが求められる。
    ・個別援助技術の構造
     個別援助技術では、①利用者本人やその家族が訴える生活上の問題、②援助活動が目指す援助の目標や援助の目的、③本人や家族を含む利用者の特性、④援助を進めるうえでの援助者の役割、⑤利用者とその家族への基本的・原則的な援助関係、⑥援助の目標を立て、進め方を計画する援助の展開、⑦援助技術に活用されるべき社会資源、を構造的に理解する。
    1.問題
     利用者・家族が抱える問題の背景には、日常生活上の解決困難な問題がある。近年の家族機能の変化や社会構造の複雑化によって、生活問題は多岐にわたり、それに伴うサービスも多様化・複雑化している。利用者が持ち込む問題は、問題を解決しようと努力した結果であると捉えなければならない。個人の「即時的問題」や「心理的問題」、「社会的問題」も視野に入れなければな..

    コメント1件

    mikan106 販売
    A評価です。
    2009/11/23 17:59 (7年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。