社会福祉方法原論Ⅱ設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数855
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『利用者の生涯にわたる発達と地域生活を豊かなものにするために、利用契約制度の下でのケアマネジメントの意義と役割、その方法論的な課題について論述せよ。』
     ケアマネジメントは、1970年代のアメリカにおいて、精神障害者を対象にしたケースマネジメントという名称で始まった。その後イギリスでは、1990年代にコミュニティ法が制定され、ケアマネジメントが制度化された。日本では、1990年頃から高齢者福祉でケースマネジメントという用語が使われ始めた。
    わが国の高齢者に対するケアマネジメントは、2000年4月から施行された介護保険制度において、高齢者ケアマネジメントが本格的に導入された。
     ケアマネジメントとは、D.モックスレーは「ある人
    が、複数のニーズをもった人々の社会生活機能や福祉を最大限に享受できることを目的として、フォーマルおよびインフォーマルなサービスや支援のネットワークを組織化し、調整維持すること」としている。
    またP.ジョンソンは「ケースマネージメント・アプロ
    ーチの基本原則は、一人のワーカーであるケース・マネ
    ージャーが、クライエントと複雑なサービス供給システムを結びつけ、クライエ..

    コメント1件

    mikan106 販売
    A評価です。
    2009/08/15 12:15 (7年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。